H&Mがイザベル マランとコラボ発表、初のメンズも制作

写真拡大

 「H&M(エイチ&エム)」が6月11日、フランスのブランド「ISABEL MARANT(イザベル マラン)」とコラボレーションすることを発表した。ウィメンズとキッズの他、「ISABEL MARANT」初となるメンズコレクションを展開。2013年11月14日より、世界約250店舗の「H&M」とオンライン(展開のある国のみ)で発売される。

H&Mがイザベルマランとコラボの画像を拡大

 「H&M」と「ISABEL MARANT」のコラボレーション名は「ISABEL MARANT POUR H&M」。コラボレーションコレクションでは、アーバン・アティテュードやボーホー・エレガンス、ロックンロール・スピリットをミックスさせ、フレンチテイストの魅力を表現。「ISABEL MARANT」の象徴的なスタイルからインスパイアされたアイテムが制作されているという。

 1994年にパリで創業した「ISABEL MARANT」は、洗練、女性らしさ、実用性をコンセプトにウェアやアクセサリーを展開している。2012年にはトゥモローランドとのフランチャイズ契約により、表参道に直営店をオープンした。

  「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」に続くコラボレーション相手に選ばれたデザイナーIsabel Marantは、「H&Mはいつも優秀なデザイナーと仕事をしているので、今回の招待を大変光栄に思います。私は何かリアリティがあり、女性が日々の生活の中で実際に着たいと思う、気軽に着られるものを創っています。ドレスアップでありながらもリラックスしていて、それでいてセクシーなスタイルは、とてもパリジェンヌらしいと思います。H&Mとのコレクションには、このようなイージーさとアティテュードが吹き込まれていて、全てのアイテムを自分の感じるままにミックスできます。私にとってファッションとは自分らしさです」とコメントしている。