トヨタ、『東京おもちゃショー』にコンセプトカー「Camatte57s」を出展

写真拡大

トヨタ自動車は11日、東京ビッグサイトにて13日から16日の日程で開催される『東京おもちゃショー2013』の「キッズライフゾーン」に、ボディ外板の着せ替えが行えるコンセプトカー「Camatte57s」(カマッテ ゴジュウナナ エス)を出展すると発表した。

Camatte57sは、カスタマイズの「手軽さ」と「自由度」を高めることを追及したコンセプトカーで、パワートレーンには電動モーターを搭載。ボディ外板は小型で軽量な57枚の「着せ替えパネル」で構成され、カラーやデザインが容易にカスタマイズ可能となったほか、パネル交換時の負担も少なくなっている。

開放感があって室内が見えやすくクルマに触れやすいオープンカースタイルを採用し、室内は親子が近づいて座れるように各シートの間隔を狭めた前席1・後席2の三角配列シートを採用。また、ペダルとシートの位置を子供用に調整する機能を装備。親は右後席からハンドル操作や車両停止を補助しながら、子供に運転を教えることが可能とのこと。