インテリアコーディネーターの資格をとるには?

写真拡大

就職や仕事に役立つ資格は実に多いもの。その中でも今回は、インテリアに関する幅広い商品知識を持った「インテリアコーディネーター」についてご紹介します。受験方法、難易度などを知りたい方は是非チェックしてみてください。

■インテリアコーディネーターとは何か?

インテリアコーディネーターとは、住む人にあわせて快適な住空間を用意するために、適切な提案・助言を行う専門家です。家具やファブリックス、照明器具や住宅設備などの知識を多く持ち、インテリアの計画や商品選びのアドバイスを行います。仕事に生かせる資格であることはもちろん、自分や家族のためにも役立ち、別の資格もあわせて取得することで幅広い分野での活躍が期待できます。インテリアコーディネーターの資格は、年に一度行われるインテリアコーディネーター資格試験に合格することで取得可能です。一次試験に受験資格は特になく、通信講座や独学によって取得を目指せます。

■インテリアコーディネーター資格試験の概要(内容はいずれも2013年現在のもの)

1.一次試験

試験日:10月(年1回)

試験科目:インテリア商品と販売(100分)、インテリア計画と技術(100分)

試験会場:札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

2.二次試験

受験資格:一次試験合格者

試験日:12月(年1回)

試験科目:論文・プレゼンテーション試験(180分)

試験会場:札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

参考サイトインテリア産業協会インテリアコーディネーター受験の御案内

■インテリアコーディネーター資格試験の難易度は?

インテリアコーディネーター資格試験の一次試験合格率は30%ほど、二次試験は63%ほどとなっています。(公益社団法人インテリア産業協会の発表より) 業種別でみると、住宅・建設・内装に関わっている受験者が37%ほどと最も多く、仕事をしながら取得を目指している人が多く存在します。一方で関連する業種についていない、若しくは主婦の受験者も多くなっており、両方をあわせると35%ほどとなっています。