アベノミクス相場が始まって半年、資産1億円を超える個人投資家が続出している。今回、総資産10億円を突破した武者修行中氏も登場! スゴ腕デイトレーダーたちの必勝パターンとは?


「今は上昇相場が続いているので?高く買って、さらに高く売る〞という手法が通用しやすいと思います。普通は上昇相場のときに『まだ上がっていない銘柄』や『これから上がりそうな銘柄』を探そうとしますよね。でも、上昇相場で上がってない株は弱い可能性があるんです。ガンホーのように上がりすぎて買えないと思っても、勇気を出して買えば毎日のように上がる。それが上昇相場なんですよね」

そう話すのは、4月に資産3億円を突破したデイトレーダーのテスタ氏。どんなタイミングで上がる銘柄を買うのか?

「4月26日のガンホーは寄り付いてから少し上昇し、92万円前後でもみ合って三角もちあいを形成していました。このもみ合いで買って、さらに上昇したのを確認して買い増し。合計80株を平均98万円くらいで売って、500万円ほどの利益になりました」

テスタ氏は上のチャートのように、上放れが始まった92万円台から買い始めたが、奇跡的に買えたわけではない。

「実は92万円で買っては91万円で損切りするということを3回繰り返し、それまでに80万円ほど損していて、4回目にようやく上昇した。もみ合いを上放れしたなら上がる期待も大きいですから、損を小さく利を伸ばせれば、最終的には十分に利益を出せます。しかもこの手法は、92万円より下がったら損切りすればよく、損切りラインがわかりやすいのもメリットですね」

リスクとリターンのバランスを冷静に判断し、あとはちょっとの勇気。それが上昇相場での必勝パターンなのだ。



テスタ氏は資金量も多いので92万円あたりで打診買いをしていたが、「初めのうちは、もみ合いから上放れを確認してからの買いエントリーでも十分だと思います」。



※株価は2013年5月9日現在。

テスタ氏

デイトレとスキャルをメインに、4月は4953万円の利益を生み出したデイトレの天才児。現在、資産は3億円超。2005年に株を始めてから、月間でマイナスは4回のみ。
ブログはhttp://blog.livedoor.jp/tesuta1/



この記事は「WEBネットマネー2013年7月号」に掲載されたものです。