ヤー! 上島竜兵&水沢アリー

写真拡大

 ダチョウ倶楽部の上島竜兵とタレントの水沢アリーが11日、都内で行われた映画『ファインド・アウト』の公開記念イベントに登場。かねてから水沢が熱望している「竜兵会」入りに、上島本人が太鼓判を押した。


 第二のローラといわれる水沢は、上島に「芸能界二番煎じはダメなんだよ」と突っ込まれ、「ローラさんのようになるのではなくって、わたしはお笑いで頑張りたいの。コントもやりたいし、相手を見つけるのか、ピンでやるのか考えている」とお笑いが目標であることを宣言。


 そんな水沢が基本のリアクションをできるのかを見るため、“見えないBOX”が用意され、中身がわからない状態で箱に手を入れる試練が与えられた。こんにゃくの入った箱を相手に水沢は大奮闘し、「鼓動を感じた」「触ったらレスポンスがあった」などと独自の表現でリアクション。「水辺の生き物だと思う。大きいヤモリ? トカゲ?」と答え会場は大爆笑。


 このリアクション芸に本家の上島もタジタジで、かねてから入りたいと公言していた竜兵会に「これなら入ってもいいかな」とお墨付きを与えられると、芸能界で上島に一番会いたかったという水沢は飛び跳ねて大喜びし、「足の角質取りとか、下っ端から始めたい」と身の回りの世話を志願した。


 また、ピン芸人・有吉弘行がランク付けする「太田プロ総選挙」で後輩の大島優子に三連覇を阻まれた上島は、結果を知らなかったようで「そうなんですか? 来年がんばります」と話し、同じく後輩の指原莉乃がAKB選抜総選挙で1位になったことについて「同じ事務所なのでうれしいです」と顔をほころばせ、躍進を喜んだ。


 本作は、深刻な社会問題になっているミッシングパーソンを題材にした『レ・ミゼラブル』のアマンダ・セイフライド主演のスリラー。若く美しいジル(アマンダ)が、かつて何者かに拉致されたと訴えるも虚言症と断定され、妹が同じように失踪したことで、たった一人で奮闘する姿を描く。(山下千香子)


映画『ファインド・アウト』は6月15日より新宿武蔵野館ほか全国公開