「ポケモン」ナレーションを務めた前田敦子

写真拡大

女優の前田敦子が6月11日、都内で行われた人気アニメの劇場版16作目となる「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」と、同時上映される短編「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」の公開アフレコに出席した。

前田は、さまざまな形態に進化することで知られるポケモンのイーブイをフィーチャーした「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」でナレーションを務めている。この日は中川翔子とともにアフレコに臨み、湯山邦彦監督から「より楽しく、明るく」とアドバイスを受けると一発でOKをもらい、満面の笑みを浮かべた。

初めて映画館で見た作品が「ポケモン」シリーズだったそうで、「本当に大好きなんです。大人になってからも違った形でポケモンと触れ合うことが出来て、本当に幸せ」と感激した様子だ。16年連続で同シリーズの声優を務める、“先輩”の山寺宏一は「あっちゃんはポケモンが大好きという気持ちがあふれていますね」と絶賛。中川も「あっちゃんサマは今日初めてお話しさせていただきましたが、独身なのに聖母のようだった。マドンナですね!」と話すと、前田は照れることしきりだった。

この日は、長編「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」で重要な役割を担う伝説のポケモン、ミュウツーの声を担当する高島礼子をはじめ、山寺、中川、「平成ノブシコブシ」の吉村崇と徳井健太、湯山監督が参加した。

「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」(同時上映「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」)は、7月13日から全国で公開。

■関連記事
【密着取材】前田敦子、貪欲に突き進む女優道 飽くなき探究心が見据える先は…
前田敦子“神映画”「雨に唄えば」をレコメン!「ジーン・ケリーになって歌いながら帰って」
私立恵比寿中学とポケモンがコラボ エビ中メンバーがイーブイと仲間たちに変身
いきものがかり・吉岡聖恵、劇場版「ポケモン」のイーブイ役で声優初挑戦
中田秀夫監督、新作ホラー映画製作決定!前田敦子「おおっ!」