神奈川県横浜市で「横浜フランス月間」開催 -アートも映画もグルメも!

写真拡大

アンスティチュ・フランセ横浜は7月15日まで、神奈川県横浜市・市内各所にて、「横浜フランス月間2013」を開催している。

同イベントは、2005年から毎年行われている、”横浜の街がフランス色に染まる”月間。市内の美術館や劇場、アートスペースやレストラン、企業などが協働しながら、映画や展覧会、音楽やダンス、演劇、グルメなど、フランス文化を紹介する様々なイベントが開催されている。

「ジャパニーズ・スーツケース」は、「モードの造形美術家」を自称するアーティスト、ミシャ・デリダーによる、風変わりな衣装が詰まったスーツケースの登場する展覧会。観客は衣装を試着することができる。6月23日までの11時〜18時開催。会場は、象の鼻テラス。入場無料。

「彷徨(ほうこう)〜都市と砂漠の間で」は、フランス・マルセイユで開催されているビデオアートフェスティバル「レ・ザンスタン・ビデオ」のセレクトによるビデオアート展。世界各地の多様な都市の姿を、主観的な眼差しのもとに映し出すビデオ作品群を紹介する。6月21日〜30日 11時〜19時(最終入場18時30分まで)。会場は、横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース。料金無料。

横浜の情緒あふれるフレンチレストラン「カフェ・ド・ラ・プレス」で開催される「シャンパーニュ・セミナー」は、食のスペシャリスト、エリック・ロズワドスキ氏によるスライドを使った講演と、シャンパーニュのテイスティング&フランス料理のフルコースを提供。6月27日 19時〜21時。料金は、一般6,000円、会員5,000円。

「横浜フランスアニメーション映画祭」は、6月29日〜7月5日開催。ヨーロッパ一のアニメ大国であるフランスの、大人も子供も楽しめるアニメーション作品を紹介する。上映予定作品は、『アーネストとセレスティーヌ』(2012)、『長老(ラビ)の猫』(2011・日本初公開)など。会場は、横浜シネマ・ジャック&ベティ。

その他、詳細は同イベントWebページにて確認できる。