NTTドコモのタブレット「dtab」

写真拡大

家庭用にタブレット端末が1台あったら便利だけど、通信費や本体価格が気になってどうも手が出ない――。こうした声も少なくないなか、NTTドコモから1万円以下(キャンペーン価格)と割安で購入できる家庭向けタブレット「dtab」が登場した。

Android 4.1搭載のWi-Fi専用モデルで、追加の回線契約が不要な端末だ。画面の大きさは10.1インチ。インターネットや動画再生、ゲームなどに使用できる。編集部では今回、実際に「dtab」を使ってみた。

利用に十分なスペックで9975円

まず「dtab」のスペックから見ると、タブレット端末として通常利用するのに十分な数値を備えている。サイズは、176×257.4×9.9ミリ、重さは約633グラム。10.1インチのIPS液晶ディスプレイ(1280×800ドット)を採用し、CPUはHiSilicon製1.2GHzクアッドコア「K3V2T」を搭載。内蔵されているストレージは8GB、RAMは1GB。バッテリーの容量は6020mAh。外部ストレージとして最大32GBのmicroSDHCカードを使える。

大きな特徴は、スペックの充実度に対して価格が抑えられている点だ。ドコモの回線契約とspモード契約、「dビデオ」(月額525円)の6か月利用(実質8か月)が条件のキャンペーンを適用すると、9975円で購入できる。円安の波及で「iPad」や「iPad mini」が値上げとなる中、9975円で購入できるタブレット端末というのは割安な印象だ。追加の回線契約が不要で、Wi-Fiのみの接続のため通信費に悩まされる心配もない。

実際に手に取って見ると、丸みを帯びた滑らかな形状のアルミボディで持ちやすく、画面サイズが大きいため操作しやすい。指でタッチすると画面がなめらかに切り替わり、操作時の「ひっかかり」は感じなかった。家庭用として発売された同製品だが、どのように利用することができるのか。

約1万1000本の映画やビデオ

ディスプレイが10.1インチと大画面のため、映画を見る際にも迫力が損なわれない。動画配信サービス「dビデオ」を利用すれば、約1万1000本の映画やビデオが楽しめる。「英国王のスピーチ」や「探偵はBARにいる」、「プラダを着た悪魔」などの人気映画のほか、テレビアニメ「のだめカンタービレ」「四畳半神話大系」「東のエデン」といった幅広いコンテンツがラインアップされていた。1人で視聴するのはもちろん、同梱のスタンドを使えば複数人で見るのに便利だ。

他にも、アニメ配信に特化した約9000話が見放題の「dアニメストア」のほか、音楽配信サービス「dミュージック」、「dヒッツ」なども利用でき(有料)、紙で購入するとかさばる小説なども電子書籍サービス「dブック」で購入すれば、保存しやすく家族で回し読みすることもできる。家庭に1台あるだけでデジタルコンテンツを気軽に楽しめそうだ。

9975円で「dtab」を買えるキャンペーンは、2013年9月30日まで。