『トップガン』続編について語ったジェリー・ブラッカイマー
 - Ryan Miller/ Getty Images

写真拡大

 トム・クルーズの出世作となった、1986年公開のアクション映画『トップガン』の続編について、製作を務めるジェリー・ブラッカイマーが、企画はまだ進行中だと語った。Deadline.comほか各メディアが伝えた。


 これはブラッカイマーが現地時間9日、プロデューサーたちによるイベント「Produced by Conference」で語ったもの。ブラッカイマーは、続編企画について「ここ30年、僕らは続編を作ろうと努力してきたんだ、ここで止めることはないよ」とコメント。さらにトム・クルーズと米パラマウント・ピクチャーズも製作に興味を持ち続けていると明かし、「彼(トム)が熱意を持ち続けている限り、製作することは可能だろう」と語ったという。


 『トップガン』は、アメリカ海軍の戦闘機パイロットたちの青春を、迫力のドッグファイトを交えて描いた作品。主人公マーヴェリックを演じたトムにとってブレイクのきっかけとなった。続編ではオリジナル版を手掛けたトニー・スコット監督がメガホンを取りトムも再び主演する予定だったが、昨年8月にスコット監督がロサンゼルスの橋から身を投げて亡くなったことから、企画の行く末が注目を浴びていた。(西村重人)