女性は4つの視点で男性を評価している

写真拡大

■結婚したい男性は「超売り手市場」

結婚したい男性はいまが最大のチャンスだ。かつてないほどの超売り手市場を逃す手はない。リーマンショック以降の不況に東日本大震災、ユーロ危機などが重なり、未婚女性の多くは安定を求めて結婚したがっている。一方、経済的な見通しが立たないと男性は結婚を控える傾向にある。需要と供給のバランスが大きく崩れているため、すぐにでも結婚したい女性は、男性の見た目や経済力などの条件面でどんどん妥協しているのだ。

男性は自分に合った市場で正しいマーケティングをすれば、それほど努力せずにモテるようになる。詳しく説明しよう。

女性は男性を4つの視点で見ている。

(1)性的な相手として。見た目のかっこよさやトークの上手さを求める。

(2)パートナーとして。居心地のよさ、誠実さ、コミュニケーション能力、問題解決能力、サバイバルスキルなど、生き残るための能力や付き合って快適かどうかを見る。

(3)結婚相手として。経済力や年齢、仕事の安定性を重視。

(4)自分の生き方を邪魔しない相手として。長男で親の介護が必要だったり、亭主関白で仕事を続けさせてくれない男性を避ける。

(1)〜(4)のどれに重きを置いているかは女性によって違う。男性は、自分がどんなタイプの女性向きかを見極めて実行すればいい。

たとえば、恋愛経験豊富でカッコいいのに年収400万円の40歳男性は、20代前半の若い女性が狙い目。若さゆえに(3)(4)の視点を重視しないからだ。恋愛から入り結婚へと導けばいい。逆に恋愛経験が少ない人は(2)の魅力が欠ける場合が多いので、(2)以外を重視する女性を探そう。稼ぎが少なくても、家事が得意だとか子供好きな「育メン」ならば(4)の女性が向く。「あなたの仕事を応援できる」ことを強調すればモテるだろう。

こんな例もある。合コンや職場では全然モテなかった会社員男性が、結婚相談所に登録した途端、申し込みが殺到。お見合いでは(3)が圧倒的にものを言うからだ。

この4つの視点を意識しながら、自分の魅力を相手に伝えるのにどれくらいの「時間」が必要か、どんな出会いの場所がふさわしいか、マーケティングの視点で考える。

見た目や年収がよければ「短期的」に多くの女性を惹きつけることができるだろう。合コンや結婚相談所で人気を集めるタイプだ。見た目や条件が悪い男性は、女性メンバーが多いサークル活動に参加して、誰かが困っているときに手助けをするなど「中長期的」に自分の魅力を伝えていくといい。

「いい相手がいない」「モテない」というのは気のせいだ。ニーズは必ずある。重要なのは環境を変えること。同じ職場に何年もいたら新しい出会いがないのは当然だ。

たとえば僕は博士号を持っているので「頭がいい人が好き」という女性にはモテる。学園都市である茨城県つくば市に住んでいた頃は、周囲が研究者だらけのために目立たなかった。一方、大学教員として札幌市に住んでいた頃は、研究者は珍しく、とてもモテた。

サークルに参加する時間がないという人は、信用度の高い出会い系サイトに登録し、プロフィールに自分の得意分野や「売り」を書くことを勧める。たとえば僕なら「知的な会話が好きな女性が好みです」と書くだろう。

最近、僕は自宅を購入した。頭の中で思い描いていた理想の家ではないが、いまはとても満足している。実際に不動産を見て回り始めると自分が買える家のレベルがわかってくるからだ。「この程度の家なのか」と気落ちしているときにちょっといい物件が出てくると、売れる前に手に入れたくなる。

結婚も不動産選びと似ている。「結婚したいなあ」と漠然と考えているだけだと、理想と現実が離れてどんどん「痛い人」になっていく。大切なのは、実際に行動に移し、自分の婚活市場での価値を確かめながら相手を探すことだ。

このような簡単なアドバイスも実行する人は極めて少ない。だからこそ、ちゃんと実践する人がモテるし結婚できる。ビジネスと同じく、素直な人は常に成功に近い場所にいるのだ。

----------

恋愛コンサルタント、理学博士 
ぐっどうぃる博士
2000年に生命科学の分野で理学博士号を取得。04年より始めた恋愛相談サイト(現「恋愛ユニバーシティ」)が好評。

----------

(恋愛コンサルタント、理学博士 ぐっどうぃる博士 構成=大宮冬洋 撮影=葛西亜理沙)