(c)2013「箱入り息子の恋」製作委員会

写真拡大

最近は30歳を過ぎても結婚しない男女が増えているのは周知の事実。
この状況に危機を感じて婚活をする女性は多いけれど、男性は特に”何もしない”人が多いのもご存知の方が多いだろう。そんな背景にあって、本人自らではなく、両親が代理となって婚活をするという現象も最近ではよくある話だ。
6月8日(土)より公開された『箱入り息子』はまさに親同士の代理見合い同士で出会った二人の素敵な素敵な恋物語。なのだが、男性の方はなんと35年間彼女ナシのちょっと変わった性格の持ち主。熱狂的なファンの多い星野源の主演作としても話題の本作、一体どのような内容なのか。

ストーリー


主人公の天雫健太郎(星野源)は、生まれてこのかた女の子と付き合ったことがない35歳のマジメ男。自宅と勤め先の市役所を歩いて通勤する毎日で、昼食は自宅に帰って食べるくらい内気な性格だ。唯一の友達はペットのカエルだけ。そんな息子の様子を見かねた両親の寿男(平泉成)とフミ(森山良子)はついに婚活を開始、親同士の代理見合いで今井夫婦と知り合う。健太郎はワンマンタイプの社長今井晃(大杉漣)と玲子(黒木瞳)の一人娘、奈穂子(夏帆)と無理やりお見合いをさせられるのだが、彼女は以前に傘を貸したあげたことのある、盲目の女性だった。。

星野源が、超内向、マジメ男役を熱演


本作、ストーリーだけを読んでいるとピュアなラブストーリーかなと思いきや、色々と(いい意味で)裏切られる。
まずは、俳優、ミュージシャン、文筆と様々な分野で活躍し、その魅力で圧倒的な人気を誇っている星野源が、几帳面&大真面目、人と話すのなんて大緊張、野心やる気まるでゼロの健太郎役に挑んでいることそのものが面白いのだが、劇中、思わず失笑してしまうエピソードがいっぱい。しかも、それらのシーンが後々ストーリーを展開させる重要なキーワードを含んでいたりするので、「あのバカバカしいシーンが(監督すいまん……。)こんな所で繋がっていたんだ!」と感動することもしばしば。健太郎の飼っているカエルと彼自身の行動がリンクするなど映画ならではの楽しみが詰まっている。

切なくて残酷な現実も……


その一方で、ハッと現実に戻されそうなリアルで残酷な場面も。障害がある女性とつきあうこと、それらにつきまとう相手の両親との関係など、現実的に起きうるであろう避けられない問題とも真正面に向き合っていて、それらと対峙しながら健太郎が何とかこの恋を掴もうとする必死さに、じーんと来る。加えて、35歳男子とは思えない初デートの何とも初々しいこと……きゅーん、です(笑)。

黒木瞳、森山良子、豪華で個性的な両親たち


健太郎が恋する盲目の女性菜穂子には、夏帆が難役にもかかわらず瑞々しい演技で好演。健太郎の両親には、大ベテランの平泉成、演技10年ぶりとは思えない森山良子、菜穂子の両親にはこれまた大ベテランの大杉漣と黒木瞳というゴージャスなキャストが集まり、思わず笑ってしまうシーンと緊張感溢れるシーンとのギャップがさすが。本作を大いに盛り上げている。

さいごに


30歳を過ぎて恋愛となると、お互い”楽”であることを求めたり、何かと計算(打算!?)が入ってしまったり、10代の頃のようなピュアな恋愛が難しくなってしまいがちだが、健太郎はまったくそんな事お構いなし。どんな障害があろうが、その人を守りたいと、これまでの自分を変えてでもその恋を叶えようとする。そんな彼の姿を見ていると、知らないうちに恋に臆病になっている自分にも気づかされたりして。意外と、恋愛経験豊富な男女より心も体も傷ついて、たとえぶざまでも突っ走る35年間彼女なしの健太郎から学ぶこと多し、なのです。
(mic)