東京都日本橋で、5,000匹の金魚とアートの融合「アートアクアリウム2013」

写真拡大

エイチアイディー・インターアクティカは7月13日〜9月23日まで、日本橋三井ホール(東京都中央区)で「ECO EDO 日本橋 ダイナースクラブ アートアクアリウム 2013〜江戸・金魚の涼〜」を開催する。

昨夏開催した「アートアクアリウム展 2012」は、39日間で約20万人を超える動員を記録した。テーマは、江戸時代より日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当てた「江戸・金魚の涼」。プロデュースは、“アクアリウム”と“アート”を融合させた“アートアクアリウム”の第一人者である木村英智氏が今年も担当する。

今回の見どころのひとつは、新作「キモノリウム」。京都の伝統工芸品“京友禅”の最高峰の着物を水槽に埋め込み、生きた本物の金魚と3Dプロジェクションマッピングで着物の柄を表現する。

様々な金魚がそろう「金魚コレクション」の水槽は、大小の丸い形で壁から飛び出す演出に新しく生まれ変わる。今回、金魚は珍しい品種も含め約5,000匹を鑑賞することができるという。

また、木村英智氏の代表作でもある、約1,000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢「花魁(Oiran)」の流れを汲んだ新作も発表する。

期間中は毎日19時から、同会場で「ナイトアクアリウム」を開催。ドリンクを飲みながら水中アートを鑑賞できる。ドリンクは、日本酒「獺祭(だっさい)」や「モヒート」「ビール」、アートアクアリウムオリジナルの「金魚カクテル」など。週末はアーティストのスペシャルライブやDJパフォーマンスも予定している。

同展の開催時間は、アートアクアリウム(11時〜19時)、ナイトアクアリウム(19時〜23時30分)。入場料は、当日大人1,000円、子供(小学生以下)600円、3歳以下無料。

なお、全国のセブン-イレブンのセブンチケットでは、期間限定の早割チケットを6月1日〜7月12日まで発売(7月13日〜31日来場限定)。ダイナースクラブ会員は、カードを提示すれば入場料無料(7月13日〜8月18日の期間は、同伴の子供2名まで入場料無料)となる。

詳細は、アートアクアリウム2013を参照。