バズ・ラーマン監督がイベントに飛び入り参加

写真拡大

お笑い芸人の友近とダンディ坂野が6月10日、都内で行われたレオナルド・ディカプリオ主演最新作「華麗なるギャツビー」の公開記念イベント“ギャツメンを探せ”に出席。イベント終盤、来日したばかりのバズ・ラーマン監督が突如会場に現れ、「日本中のハンサムな人が集まっていると聞いて空港から駆けつけてきた」とサプライズで登壇した。友近とダンディをはじめ、会場中がラーマン監督の登場に驚いていた。

1974年にロバート・レッドフォード主演で映画化された、米作家F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を、「ロミオ&ジュリエット」のラーマン監督&ディカプリオ主演コンビで再映画化。1920年代の米ニューヨークを舞台に、謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビー(ディカプリオ)の秘密が、平凡な青年ニック(トビー・マグワイア)によって暴かれていく。

この日は、ギャツビーのような魅力をもった男性“ギャツメン”を、全国の映画館スタッフから選出するコンテストの最終審査が行われた。ラーマン監督も審査をお忍びで見ていたそうで、「僕の父親も劇場をもっていたことがあり、僕も劇場に勤めていた経験がある。今はもう大人になって映画を作っているけど、劇場スタッフの仕事はとても重要で映画の原点」と“劇場男子”たちを称えた。

友近は、「ラーマン監督が『9人の男を同時に相手できるなんてすごい!』と言ってくれた。(今後の出演オファーも)あるでしょ!」とノリノリ。キャンペーン応援団長を務めるダンディも、「ゲッツ!」ならぬ「ギャッツ!」という新ギャグを披露し、ラーマン監督と夢の“ポーズ共演”を果たしていた。

“全てが完璧で一見クールに見えるが、その仮面の裏には内に秘めた情熱をもっているミステリアスな男性”と定義されるギャツメン。変幻自在の審査委員長・友近がさまざまなキャラクターになりきり、ミニコントを通じて劇場スタッフのおもてなしスキルを審査した。アドリブでなだぎ武の持ちネタ・ディランのモノマネを披露した東北代表・フォーラム盛岡の草刈大輔さんが、友近の心を射止め、“ギャツメン”全国一の称号を獲得。ラーマン監督も、「ディカプリオにもこんなにたくさんのライバルがいるということを伝えておくよ」と祝福した。

「華麗なるギャツビー」は、6月14日から全国で2D/3D公開。

■関連記事
L・ディカプリオ主演「華麗なるギャツビー」特別映像で暴かれる素顔
レオナルド・ディカプリオと宇宙に行く権利、1億6000万円で落札
再ブレイクか見納めか…一発屋芸人ずらり 今田はHGの復活に期待
友近、彼氏はアラン・ドロンと谷隼人似
ヤクザがつくるヤクザ映画!? 園子温監督「地獄でなぜ悪い」特報公開