桐生ら短距離陣「メダル狙える」

ざっくり言うと

  • 前回2011年の世界陸上に比べ、日本代表は男子スプリント陣が充実
  • 初代表の山県と桐生は100mで「10秒の壁」を突破する可能性も
  • 代表の飯塚は「400mリレーではバトンパスがしっかりできればメダルも狙える」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング