指原莉乃も出演する「俺はまだ本気出してないだけ」

写真拡大

青野春秋氏の人気漫画を実写映画化する「俺はまだ本気出してないだけ」のプレミア上映会が6月10日、都内で行われ、主演の堤真一、橋本愛、山田孝之、蛭子能収、福田雄一監督、青野氏が登壇した。

同作には、6月8日に行われた第5回AKB48選抜総選挙で1位に輝いたHKT48の指原莉乃が編集者役で出演している。福田監督は、「えらいことになりましたねえ。指原さんのシーンは、(過去に元ファンの男性と交際していた記事が掲載された)週刊文春が出た3日後に撮影したんですよ」と暴露。そして、「寝ていなかったんでしょうね。顔がパンパンで、いつもブスですが、いつもに増してブスでした」と明かし、場内の爆笑を誘った。

また、指原とのシーンを撮影した堤の様子を「堤さんは堤さんで、『あれ、アイドル? ほんまにAKB48なん?』って言っていましたし(笑)」と報告。さらに、指原が堤のことを知らなかったと明かし「『頑張ります! で、堤さんって誰ですか?』と聞いてきたんですよ。なかなかの女ですよ」と称えていた。

この日は、同作がカナダ・モントリオールで開催されるファンタジア国際映画祭(7月18日〜8月6日)での上映が決定したことも発表された。堤は、「複雑な心境ですねえ」と苦笑い。それでも、「福田監督の作品は基本的にふざけまくっていますが、いい作品に仕上がっていますから!」と胸を張った。

映像化に際し、20社以上からのオファーが殺到した同作は、41歳のバツイチ・子持ちのダメ男の大黒シズオが主人公。「本当の自分を探す」ために勢いで会社を辞め、思いつきで漫画家を目指す異色コメディだ。

「俺はまだ本気出してないだけ」は、6月15日から全国で公開。

■関連記事
HKT48指原莉乃「俺はまだ本気出してないだけ」で堤真一にダメ出しする編集者役
樹木希林「デート? 楽しかったです」熱愛報道の橋本愛に助け舟
堤真一「俺まだ」降板か!? 代役に“本気”のダメ男・蛭子能収??
堤真一が“本気出す”! 阪神対広島戦で始球式に登板
映画泥棒“中の人”、堤真一扮する大黒シズオに変身!マナーCM完成