物語の鍵を握る重要な役に挑戦した小池里奈/[c]2013東映ビデオ

写真拡大

ウサギやリスを思い起こさせるキュートなルックスと、絶妙な肉感のプロポーションで人気のアイドル・小池里奈。6月8日(土)公開の“極妻”シリーズ最新作『極道の妻(つま)たち Neo』では、物語の鍵を握る重要キャラクターとして出演しているのだが、実はその姿が必見なのだ。

【写真を見る】スカートからのぞく太もももたまらない、小池里奈の制服姿

今回、父の残した借金が原因でヤクザ同士の抗争に巻き込まれてしまう女子高生サクラ役を演じている小池里奈。彼女が作中で身に着けているのはネイビーベースのリボンタイ&ベージュのブレザーに、アイボリーベースでブラウン&スカイブルーのチェック柄が清楚なボックスプリーツスカート。そう、現在、大学2年生となった彼女が久々の制服姿をスクリーンで披露してくれているのだ!

今年の9月で20歳になるが、そのベビーフェイスも手伝い、現役女子高生と名乗っても全く違和感のないキュートな出で立ち。自身の写真集では、様々なコスプレ姿を見せているものの、衣装ではない本物感が漂っていて、映画でも独自の存在感を放っている。

極道の男を愛してしまった女たちがたどる過酷な運命を情念たっぷりに描く“極妻”シリーズだからこそ引き立つ、清楚&可憐な小池里奈の魅力を是非スクリーンで確認してほしい。【トライワークス】