節約できてラッキー!? 彼女に「披露宴をやらなくていい」と言われた男性の本音

写真拡大

女性なら誰しも、多かれ少なかれ結婚式に憧れるもの。その一方で、披露宴で希望のプランを実現しようとすると、けっこう大きな出費になることがあります。これは、男性にとっては由々しき問題!? マイナビウーマンアンケートで、働く女性に「この男性は『ケチだなあ』と思ったことってありますか?」と問いかけたところ、下記のような声が寄せられました。

■「彼女が結婚式(披露宴)をやらなくていい……と言ったのを、マジで喜んで周囲に言って回っていた」(人材派遣・人材紹介/営業職/9年目)
女性にとって披露宴は晴れ舞台。男性にとっても同じ気持ちなのでしょうか……。この男性についてどう思うか、マイナビニュース会員の男性280名に聞きました。

<回答>
この男性はケチ 31.4%
この男性はケチではない 68.6%

>>>女性の意見はこちら

■「この男性はケチ」と答えた男性の意見

・「結婚式は女性が主役なので無理してもやってあげるべき」(38歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「喜ぶべきところじゃないし、本当に式をしなくていいのか、彼女が遠慮していないか、考えるべきところ」(33歳男性/印刷・紙パルプ/事務系専門職)
・「女性にとってはやりたいだろうに、それを喜びまわるとは……」(29歳男性/人材派遣・人材紹介/労務)
・「別に結婚式はやらなくてもいいとは思うが、周囲に言いふらす必要がないから」(28歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「言わぬが花。言ってしまったがために、お金の問題か? と思われてしまうケチの典型」(33歳男性/その他/その他)

■「この男性はケチではない」と答えた男性の意見

・「個人的にも金銭的な理由でなく披露宴はやりたくないので。挙げるにしても、親族の参列のみの結婚式だけで、披露宴はやる気にはなれない」(35歳男性/その他/その他)
・「結婚式をやる・やらないの判断は、お金以外の要因による可能性もあるから」(30歳男性/小売店/事務系専門職)
・「披露宴ほど社交辞令の式典はあまりないと思うので僕はハネムーンに金をドーンと使いたいです」(29歳男性/食品・飲料/技術職)
・「結婚式をやらないぶん、ほかにお金をかけるならケチではない。新居をそのぶん充実させられるならそれはそれで嬉しいこと」(35歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「互いの合意で結婚式代を節約したのだから、それは構わないと思うが、もう少し披露宴をしなくて良いといった女性の気持ちを汲み取るべき」(27歳男性/不動産/一般事務)

「この男性はケチではない」と答えた男性が7割弱。結婚後はマイホームや子どもの学費など、人生のさまざまなステージにおいて資金が必要になることもあり、「お金と手間がかかる」という意見が、「単に派手なお披露目が嫌いなのでは」という声とともに多数派でした。ただ、その理論は、男性には通用しても、女性からは大ブーイングかも!? 男性のみなさんは、もし同じように感じたとしても、そのホンネは口に出さないのが吉かもしれませんね。

※『マイナビニュース』にて2013年5月にwebアンケート。有効回答数280件

(OFFICE-SANGA)