桐島の恋人こと山本美月がとんでもない役に挑戦!?/[c]2013いしかわえみ/集英社「絶叫学級」製作委員会

写真拡大

第36回日本アカデミー賞ほか、国内の映画賞を賑わせた話題作『桐島、部活やめるってよ』(12)。同作で桐島の恋人役の山本美月と、彼女の友人を演じていた松岡茉優による“恐怖の同窓会”が実現した!少女漫画誌「りぼん」に連載されている大人気コミックの実写映画化『絶叫学級』(6月14日公開)で再共演を果たしているのだ。

【写真を見る】嫌味なギャルだった松岡茉優は、こんなに地味で冴えないメガネ女子高生に!

『絶叫学級』では、ある私立女子校で巻き起こる恐怖が描かれる。松岡はイケてるJKから一転、壮絶なイジメのターゲットとなるサエないメガネJK役に。対してこれが映画2作目となる山本が演じるのは、黄泉という名の少女。実は彼女、腰から下が無い(!)という役で、原作では語り部として登場したキーパーソンだ。勘の良い人ならきっと、察しがつくはず。

ちなみに山本と松岡以外の『桐島』出演者も活躍中だ。地味な映画部部員を演じていた神木隆之介は、今秋公開予定の映画『SPEC』シリーズの最終章に“一十一”役で出演。神木と共に映画部部員を演じ、独特の存在感を放っていた前野朋哉(実は26歳!)は映画監督でもあり、彼の新作短編『筋肉痛少女』には『桐島〜』でバレー部のリベロを演じていた太賀が出演している。

劇中で山本、松岡の友人グループにいた橋本愛は『くちづけ』(5月25日公開)、『俺はまだ本気出してないだけ』(6月15日公開)、さらに連続テレビ小説「あまちゃん」にも出演。その「あまちゃん」には、松岡茉優、そして『桐島』で松岡の恋人を演じていた東出昌大も登板している。

映画やTVドラマ、CM、舞台にと活躍めざましい『桐島』組のプチ同窓会は、今後も各方面で実現しそう。彼らの共演とさらなる成長に期待したい!【トライワークス】