映画版『ヴェロニカ・マーズ』にパーシー・ダッグズ三世が出演

写真拡大

ネット上で寄付金を募るKickstarter(キックスターター)により、映画化が決定したドラマ『ヴェロニカ・マーズ』。ファン待望の本作で、ドラマでウォレスを演じたパーシー・ダッグズ三世が、再びウォレス役として映画版に出演することになったと米Deadlineが報じた。

パーシー扮するウォレスは、ヴェロニカの調査に協力するキャラクターだ。パーシー以外にも、ビズ役のクリス・ローウェル、ローガン役のジェイソン・ドーリングも映画版に出演が決まっている。もちろん、映画版の脚本と監督もドラマのクリエイターであるロブ・トーマスが務める。

本作は夏から撮影が始まり、2014年に公開の予定だという。ドラマの俳優たちが再結集する映画に期待したい。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
映画版『ヴェロニカ・マーズ』にスーザン・ナイト役クリスティーン・レイキンも出演
寄付総額はいったいいくらに? 『ヴェロニカ・マーズ』基金が期限を迎える!
ファンの寄付金で一挙実現! 『ヴェロニカ・マーズ』映画化へ