TV第2期に続き、劇場版公開も決定(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委

写真拡大

京都アニメーション制作の人気アニメ「中二病でも恋がしたい!」の映画化が決定。「小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!」のタイトルで、9月14日から全国27館で公開されることが明らかになった。6月9日、丸の内ピカデリー(東京・千代田区)で声優の内田真礼、赤崎千夏、浅倉杏美、上坂すみれが登壇して行われていたイベントで発表された。

「中二病でも恋がしたい!」は、虎虎氏による同名ライトノベルが原作で、成長途上の思春期にみられる自己愛や特有な空想、妄想、嗜好を表す俗語「中二病」を題材に取り上げた学園ラブコメディ。中二病を脱した高校1年生の富樫勇太が、中二病全開のヒロイン・小鳥遊六花(たかなし・りっか)に出会ったことから巻き起こる騒動を描く。2012年10〜12月、「涼宮ハルヒの憂鬱 」「けいおん!」などで人気の京都アニメーションが手がけたテレビシリーズが放送され、第2期の制作も決まっている(時期は未定)。

劇場版は、勇太視点で描かれたテレビシリーズ第1期をヒロインの六花視点から再構築した総集編で、新作映像も交える。劇場版公開の発表に、イベントに出演していた六花役の内田は「まさかの劇場版! 楽しみすぎます。“改”とは、一体? どんな六花が見れるのか? これからも『中二恋』よろしくお願いします」と喜びの声をあげた。

6月15日には、上映劇場で「キャラクターデザイン池田和美描き下ろし水着クリアファイル」が付属する特典付き前売り券第1弾(数量限定/税込1500円)も発売する。

■関連記事
アニメ「有頂天家族」7月7日放送開始決定 アニメ版キービジュアルや映像も公開
劇場版「あの花」主題歌は、再タッグのGalileo Galilei新曲
新海誠監督が「言の葉の庭」までの10年で発信しているメッセージとは?
新海誠監督の短編「だれかのまなざし」、新作「言の葉の庭」と同時上映決定
あのテーマ曲も流れる!劇場版「あの花」新作カットを盛り込んだ特別映像公開