卵を投げられた後に笑顔で目撃されたサイモン・コーウェル (c)Hollywood News

写真拡大

辛口審査員として有名なサイモン・コーウェルが、現地時間8日にイギリスのオーディション番組「Britain’s Got Talent」で卵を投げられてしまった。

サイモンはほかの審査員と共に審査員席でオペラ歌手のリチャード、アダム・ジョンソン兄弟の「The Impossible Dream」のパフォーマンスを見ていた。すると突然女性がステージの上に現れ、サイモンに向かって卵を投げ始めたのである。すぐにその女性は取り押さえられた。また、パフォーマンスは中断されることなくそのまま続けられたのである。

後に卵を投げた女性がヴィオラ奏者のナタリー・ホルトであることが分かった。彼女はその時ステージでほかのオーケストラの人々と共に演奏をしていたというのだ。彼女は表明文で、「リチャードとアダムのパフォーマンスを邪魔してしまったことを謝罪したいです」「私はこんなことを今までしたことはなく、本当にばかだったと思いました」とコメントしている。

また、着ていたジャケットを着替えなくてはいけなくなったサイモンはこの出来事について自身のツイッターに、「卵は大嫌いだね」「卵はオーディション番組には許されるべきではないね」とつぶやいている。

サイモンは災難な目にあったが、動揺せずにパフォーマンスを続けたジョンソン兄弟に多くの人々が感心しただろう。このような出来事が2度と起きないように、番組側はしっかりと人々の持ち物をチェックする必要がありそうだ。【馬場 かんな】