撮影準備中のライアン・ゴズリングとエヴァ・メンデス (C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

ブラッドレイ・クーパー、ライアン・ゴズリング、エヴァ・メンデスなど、今をときめく豪華キャストの共演による話題作『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』が5月25日(土)より公開した。本作では、プライベートでも交際中のライアン・ゴズリングとエヴァ・メンデスの二人の共演にも注目が集まっている。

ライアンとエヴァは本作の共演がきっかけで交際をスタートしたことが知られているが、デレク・シアンフランス監督は「最初に撮影したのは、ライアンと(エヴァ)のベッドシーンだったんだ」と驚きの事実を明かした。

以前エヴァはラブシーンが苦手であると明かしていたが、今回のベッドシーンの撮影でもナーバスになっていたようだ。
デレク監督は、「彼女がこの撮影を怖がっているのがわかったよ、震えてたからね。でも彼女は勇気がある。抱えた恐怖に向き合って、すぐに自分の魂をむき出しにしてくれた。その日は少人数の撮影クルーだったけど、みんな言葉も発せなくなるほど彼女の勇気に驚嘆していた。そういうことが毎日続いたんだ」と明かした。

本作のライアンとエヴァのラブシーンやライアンとブラッドレイ・クーパーのカーチェイスシーンなど豪華キャストの共演は必見だ。【橋本 トミオ】