マレーシア観光のプロに聞く、屋台の超絶グルメ・穴場リゾートスポットとは

写真拡大

東南アジアと言えば、タイやインドネシアを思い浮かべる人も多いかもしれない。しかし、7年連続でロングステイ希望国NO.1にして、LCC(格安航空会社)エア・アジアの就航で財布にもやさしくアクセスできるようになったマレーシアに、今、人々が押し寄せている。今回、マレーシア観光のプロに、絶対に見逃せない味わいポイントを聞いてみた!

マレーシアに着いたらすぐご飯を食べに行こう。「着いてすぐご飯かよ」とつっこむなかれ! これには意味がある。マレーシアは多民族国家で、民族ごとに普段食べている料理が違う。マレー系、中国系、インド系と大きく分けて3つのジャンルがあり、そのどれもが本格派なのだ。このクオリティの高さは、それぞれの民族が自分のルーツである本国の食文化を大切に守っているからで、ご飯を食べれば自然と“多民族マレーシア”を体感できる。

そこでマレーシア政府観光局の佐伯道子さんに、「いろいろ食べたけど、やっぱりこれが好き!」という、マレーシアで押さえておくべきB級グルメ「ベスト5」を教えていただいた。

堂々の1位はサテー。マレーシア版のいわば焼き鳥で、スパイスに付け込んだお肉に甘辛いピーナッツソースをたっぷりつけるのが特徴だ。「お肉にピーナッツソース!?」と思ってしまうかもしれないが、砕いたピーナッツの甘みがソースに加わり、絶妙なこってり具合に! 1串1リンギ(約30円)ほど。マレー系・中国系屋台で販売。主に夜販売。

2位はナシレマ。ココナツミルク水で炊いたご飯で、素揚げした小魚(イカンビリス)と旨辛のチリソース(サンバル)を一緒にまぜまぜして食べる。注目すべきは、真っ赤なサンバル。口に入れた瞬間はコクのある甘みが広がるが、1秒後に唐辛子の辛みがじんわり襲ってきて汗がぽたっ。シンプル版ナシレマは1.5リンギ(約100円)ほど。主に朝食用に販売。

3位は、日本のラーメンのように地域ごとに種類が変わるラクサ。ペナンは魚ダシに酸味を効かせたアッサムラクサ。マラッカはココナッツミルクたっぷりのニョニャラクサ。首都クアラルンプールでよく食べられているのはスパイシーなカレーラクサだ。一度食べるとヤミツキの味に。1杯5リンギ(150円)ほど。麺系の屋台で販売。

4位のホッケンミーはマレーシア版の海鮮入り焼きうどん。中国産の黒醤油で味をつける。専門店ではイカワタを隠し味で加えるなど、海鮮の深いうまみがこの料理の決め手だ。漢字で書くと“福建麺”で中国系の料理。ちなみにペナンでホッケンミーというと、海老の頭でダシをとった汁麺のことを指す。1杯4リンギ(120円)ほど。中国系屋台で販売。

5位はアイスカチャン。アイスはマレー語で氷、カチャンは豆。つまり、豆をトッピングしたかき氷だ。具だくさんなのが特徴で、金時豆、ゼリー、寒天、とうもろこし、アイスクリームなどが乗っている。ちなみにとうもろこしはアイスやプリンの具としても使われており、野菜というよりも果物としての位置づけだ。日本でかき氷と言うと、溶ける前の氷のシャリシャリ感を楽しむが、マレーシアでは溶けてジュースのようになったものをスプーンですくって「飲む」人も多い。3リンギ(100円)ほど。スイーツ系屋台で販売。

番外編としてオススメいただいのはテタレ。練乳たっぷりの甘い紅茶で、注目すべきはお店の人のパフォーマンス。コップを両手に持ち、きき手を上にあげながら中の紅茶を下の容器に移し、ぶくぶく泡を作る。この泡こそがテタレの命。まろやかな舌触りになり、温度もいい感じになるのだ。1.5リンギ(120円)ほど。屋台の他、食堂や喫茶店(コピティアム)で販売されている。

さて、これらの料理を一度に味わいたいなら、ホーカーセンターと呼ばれる屋台街にレッツゴー! ホーカーセンターは、日本でいうフードコートに近い仕組み。最初に席を確保したら、食べたい料理のある店で注文。席に座って待ち、料理が届いたらその場で会計する。ホーカーセンターは比較的清潔なところが多いので、キレイ好きな女性も安心だ。