主題歌を担当したムック

写真拡大

ロックバンド「MUCC(ムック)」が、中山昌亮氏のホラー漫画を実写映画化する「不安の種」の主題歌に、「狂乱狂唱 RMX for 不安の種」を提供したことがわかった。あわせて、同楽曲が収録された特報第2弾が公開されている。

同楽曲は、バンドが昨年リリースしたアルバム「シャングリラ」の収録曲「狂乱狂唱〜21st Century Baby〜」を、本作のため特別にミックスしたもの。かねてバンドのファンだったというプロデューサーの思いから、今回のコラボレーションが実現した。

原作は、「月刊チャンピオンRED」と「週刊少年チャンピオン」で連載されていた中山氏のオムニバスホラーコミック。人気フェイクドキュメンタリー「放送禁止」シリーズの長江俊和監督がメガホンをとり、バイク事故をきっかけに、ある街で広がる不穏な空気を異形のモノとともに描く。石橋杏奈が主演を務め、須賀健太、浅香航大といった若手勢から津田寛治ら個性派俳優が結集している。

特報では、奇怪なビジュアルで人気の「オチョナンさん」をはじめ、無数の異形のモノの姿をとらえた。さらにパンチの効いた主題歌が、日常のすきまに入り込む不安を加速させ、石橋の「死ね死ね死ね死ね死んでしまえ」という驚がくのセリフで締めくくられる。

「不安の種」は、7月20日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「不安の種」特報第2弾
【作品情報】「不安の種」
伝説のホラー漫画実写化「不安の種」7月公開 異形のモノも完全再現
川口春奈主演でホラー漫画「絶叫学級」を実写映画化!
栗原類、川口春奈主演のホラー「絶叫学級」で銀幕デビュー!