誰がわたしのスタイリングをしてくれるのかしら - ビヨンセ
 - Paul Zimmerman / WireImage / Getty Images

写真拡大

 1日だけビヨンセのスタッフになれる権利がチャリティー・オークションにかけられている。


 オークションサイトCharitybuzz.comによると、落札者はビヨンセのワールドツアー「ザ・ミセス・カーター・ショー」のスタイリスト・チームの一員となり、7月1日のロサンゼルスのコンサートの舞台裏で働くことができるという。


 仕事の他にはビヨンセと会って写真撮影ができるほか、VIPチケット2枚と記念品の詰まったギフトバッグもついてくるとのこと。また、ビヨンセの母親でデザイナーのティナ・ノウルズとのランチや衣裳部屋の見学など、ファッションに携わっている人ならば、ぜひ体験したい内容となっている。


 推定価値は2万5,000ドル(約225万円)で、6月5日現在で入札は11件、金額は1万2,500ドル(約112万5,000円)まで上がっている。オークションは現地6月11日の午後3時に終了し、収益は、アメリカで飢餓に苦しむ人たちを助けるキャンペーン「ミス・ア・ミール」に寄付されるという。(澤田理沙)