表彰式で表と並び笑顔の森田、本当に嬉しそう!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨネックスレディス 最終日◇9日◇ヨネックスカントリークラブ(6,336ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨネックスレディス」の最終日。22位タイから出た森田理香子は8バーディ・1ボギーの“65”をマーク。猛チャージでスコアを7つ伸ばしトータル8アンダー単独2位でフィニッシュした。
LIVE写真館で「ヨネックスレディス」を振り返る!
 今季の好調さそのまま、この試合でも強さをみせた森田。しかし、自身が2位に入ったことよりも同じ岡本綾子門下生の表純子の優勝が「すごく嬉しいです。トリ肌立ってて最後までドキドキしてました」。表は「岡本さんの次に上の方、私が一番下で良くしてもらっているので言葉に表せないくらい嬉しいです」。大事な姉弟子の8年ぶりの勝利を心から祝福した。
 2位フィニッシュで今季の賞金額は6千800万円を超え、2位に1千万円以上をつけ独走。改めて自身の強さを証明し、なおかつ大事な人の勝利も祝えた今週は森田にとっては忘れられない1週間になっただろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
有村智恵12位タイで最終日へ、単独首位にM・プレッセル
上位は大混戦!首位に4人が並び最終日へ
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
最新のゴルフギア情報をまとめてチェック!
各ツアー賞金ランキング