<ヨネックスレディス 最終日◇9日◇ヨネックスカントリークラブ(6,336ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨネックスレディス」の最終日。この日8アンダー首位タイからスタートした表純子が、2バーディノーボギーの“70”でスコアを2つ伸ばし通算10アンダーでツアー3勝目を飾った。通算8アンダー単独2位に森田理香子、通算7アンダー単独3位には笠りつ子がつけた。さらに、6アンダー単独4位に大山志保、5アンダー5位タイには服部真夕、イエ・リーイン(中国)が続く。
LIVE写真館で「ヨネックスレディス」を振り返る!
 表は前半で2つスコアを伸ばし、単独首位に躍り出た。後半はバーディこそなかったもののパーをキープし、通算10アンダーを守り、逃げ切った。また、1アンダーからスタートした森田理香子は、この日8バーディ1ボギーの“65”と大爆発、2日目までは22位と低迷していたが、最終日に来ていきなり2位に急浮上した。昨日の時点で首位と7打差あったため追いつくことはできなかったが、単独2位につけるとはさすがだ。
 【最終結果】
1位:表純子(-10)
2位:森田理香子(-8)
3位:笠りつ子(-7)
4位:大山志保(-6)
5位T:服部真夕(-5)
5位T:イエ・イーリン(-5)
7位T:佐伯三貴(-4)
7位T:馬場ゆかり(-4)
7位T:堀奈津佳(-4)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
有村智恵12位タイで最終日へ、単独首位にM・プレッセル
LIVE写真館で最新試合をチェックしてね
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング