「dynabook V713」

写真拡大

東芝は2013年6月下旬、タブレットとしても使える、手書き機能付きの脱着式ウルトラブック(ノートパソコン)「dynabook V713/28J」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は17万円前後とみられる。

「手書き入力」に対応

11.6型フルハイビジョン(1920×1200ドット)液晶を取り入れ、キーボードによる操作はウルトラブックとして、指先やペンによる操作はタブレットとして使うなど、利用シーンに応じた使い分けができる。インテルCore i5-3339Y プロセッサーを備える。

キーボード部にUSBメモリなどの外部機器が接続されている場合は、ボタン1つで本体から切断が可能。液晶画面とキーボード部の接続個所はロック機構とし、液晶画面が手軽に装着できるようにした。

手書き機能では、特殊フィルムと専用ペンを採用。紙に文字を書く際の適度な抵抗感を参考に、ディスプレーとペン先の摩擦抵抗を調整し、「紙に書いているような書き心地」を実現した。また、ペン先の位置認識を高速化するとともに、タッチ面から液晶までの距離を短縮することで、ペン先とのズレを抑えた。

本体サイズは約幅299.0×奥行き189.0×高さ12.4ミリ、重量は約870グラム。