初共演を果たす北川景子と深田恭子

写真拡大

 今年初めに死去した今邑彩さんの同名小説を原案にした映画『ルームメイト』で、北川景子と深田恭子が初共演を果たすことが明らかになった。『今日、恋をはじめます』の古澤健監督がメガホンを取り、ルームシェアを始めた2人の女性に降り掛かる不可解な事件を描く。


 同作は、交通事故で入院した先の病院で知り合った看護師の西村麗子(深田恭子)とルームシェアを始めた荻尾春海(北川景子)が、麗子の奇妙な行動をきっかけに不可解な事件に巻き込まれるさまを描いたサスペンス。やがて事態は殺人事件に発展し、身の危険を感じた春海の前に現れたのは麗子の姿をしたマリと名乗る全くの別人だった……という謎が謎を呼ぶ展開が見どころだ。


 北川は台本を読んだときに衝撃を覚えたといい、「自分が台本を読んだときに最初に感じたその衝撃を、映画をご覧になった皆さんにもお伝えしたい」と張り切ると、初共演となる深田の印象については「普段は穏やかで、柔らかい印象の方なのですが、役を演じ分けるのが素晴らしく、わたしはそれに一生懸命ついていくだけです」と明かした。一方、ミステリアスな役柄に挑戦する深田は「非常に難しい役柄ではありますが、ご覧いただく方々をだませるよう、監督と相談しながら、楽しみながら、この役を演じたいです」と意気込んでいる。


 「『ルームメイト』の主人公は、都市に住む、それぞれに孤独を抱えた平凡な2人の女性です。北川景子さん、深田恭子さんはそんな女性たちをまるでこれまでも長い時間一緒に過ごしてきた姉妹であるかのように表現してくれています」と太鼓判を押したのは古澤監督。相反する魅力を備えた二人の初共演に「とにかく、目に見える芝居の部分が素晴らしいのはもちろん、目に見えない深い部分、物語の底に伏流する魂の触れ合いと葛藤をひりひりと感じさせてくれる二人ですね」と絶賛のコメントを寄せている。


 映画『ルームメイト』は2013年秋、全国公開