<フェデックス・セントジュード・クラシック 3日目◇8日◇TPCサウスウインド(7,244ヤード・パー70)>
 米国男子ツアー「フェデックス・セントジュード・クラシック」の3日目。通算8アンダー単独2位からスタートしたショーン・ステファニー(米国)が“66”でラウンド、通算12アンダーで単独首位に躍り出た。11アンダー単独2位に前日首位のハリス・イングリッシュ(米国)、通算8アンダー3位タイには、パトリック・リード(米国)、スコットスターリングス(米国)、ニコラス・トンプソン(米国)の3人がつけた。
 
 この日ステファニーは、ジェットコースターのようなゴルフを展開した。ステファニーは前半3バーディノーボギーで一気に単独首位に立つ。後半に入っても10番でバーディを奪いそのままスコアを伸ばすかと思われたが、次の11番ホールに落とし穴が。なんとパー3で7打をたたき一気にスタートの8アンダーまで急降下した。しかしここからステファニーがすごかった。14番でバーディ奪い返すと、上がり3ホールで3連続バーディを奪い終わってみれば通算12アンダーまで伸ばし、単独首位で3日目を終えた。この勢いでツアー初優勝なるか!
 また、翌週の「全米オープン」出場を控えるフィル・ミケルソン(米国)が、この日1イーグル・6バーディ・3ボギーの“65”をマーク、通算7アンダーとし6位タイまで順位を急浮上させてきた。
【3日目の結果】
1位:ショーン・ステファニー(-12)
2位:ハリス・イングリッシュ(-11)
3位T:パトリック・リード(-8)
3位T:スコット・スターリングス(-8)
3位T:ニコラス・トンプソン(-8)
6位T:フィル・ミケルソン(-7)
6位T:エリック・マイアーディレクス(-7)
8位T:ロベルト・カストロ(-6)
8位T:パドレイ・ハリントン(-6)
8位T:ライアン・パーマー(-6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
有村智恵12位タイで最終日へ、単独首位にM・プレッセル
松山英樹が“全米オープン”に向けて出国!「自信はあんまりないです」
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング