<ヨネックスレディス 最終日◇9日◇ヨネックスカントリークラブ(6,336ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨネックスレディス」の最終日。全選手がハーフターを終えた時点で、通算8アンダー首位タイからスタートした表純子が2つスコアを伸ばし通算10アンダー単独首位に躍り出た。7アンダー2位タイにテレサ・ルー(台湾)、森田理香子の2人、通算6アンダー4位タイにはイエ・リーイン(中国)、服部真夕、笠りつ子の3人が並んだ。
 初日から首位の表は、この日も好調をキープ、前半で2つ伸ばし2位と3打差をつけてハーフターンをした。また、前日1アンダー22位タイの森田理香子が、6バーディノーボギーと猛チャージで2位タイまで順位を急浮上させてきた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
堀奈津佳、“大人”のプレーで2打差5位に浮上!
若林舞衣子は29位タイ、明日は「気持ちを切り替えて」
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング