日本先行発売されるデビッド・リンチのセカンドアルバム「THE BIG DREAM」

写真拡大

映画監督をはじめ、多方面で創作活動を行っている鬼才デビッド・リンチが、7月10日にセカンドアルバム「THE BIG DREAM」を日本先行発売することがわかった。2011年に発表したファーストアルバム「CRAZY CLOWN TIME」以来、約1年8カ月ぶりの新作となる。

数カ月にわたり、リンチが所有する「アシンメトリカル・スタジオ」でレコーディングが行われた。アルバムに収録されている13曲のうち、「Are You Sure」など12曲を書き下ろしたほか、ボブ・ディランの名曲「The Ballad of Hollis Brown」を独自の解釈でカバー。前作に続き、エンジニアのディーン・ハーリーがプロデュース、アレンジを手がけ、摩訶不思議な空間を生みだした。また、スウェーデンのシンガーソングライターであるリッキー・リーを迎えた「I'm Waiting Here」が、ダウンロード用ボーナストラックとして追加される。

リンチは、今作を「大半の曲はブルース・ジャムのようなものから始まり、そこから逸脱していく。その結果生まれてくるのが、ハイブリッドで最新型の陰鬱なブルース」と説明。ドリーミーなエレクトロサウンドを展開する一方で、「ブルースは純粋で感情的な音楽形態であり、それが魂を揺さぶるんだ。僕は常にそこに立ち返る。とても心地よいからね」と愛してやまないブルースを根幹に据えた。

現在、リンチは公式YouTube(http://www.youtube.com/watch?v=vaol_61QO-Q)で、同作のトレーラー映像を公開している。取材やスタジオセッションの様子が、リンチらしいアーティスティックな映像で切り取られ、楽曲制作の一端を垣間見ることができる。

■関連記事
D・リンチ監督短編集がDVDに&「ツイン・ピークス」が初ブルーレイ化
デビッド・リンチのドキュメンタリー、NYフィルムアカデミーで無料上映
“デビッド・リンチ”デザインのドンペリ2種類、数量限定で発売
日本初公開作品が73点!デビッド・リンチの大規模展覧会が開催
デビッド・リンチ監督が歌手デビュー、ソロアルバムをリリース