<ミドル級/5分3R>
ダニエル・サラフィアン(ブラジル)
Def.1R2分20秒 by 肩固め
エディ・メンデス(米国)

小刻みなステップを踏むサラフィアンは、左ボディストレートを伸ばす。左フックを返すメンデスに対し、サラフィアンは左を打ち込む。距離が近づくと、首相撲の態勢に入るサラフィアンをメンデスがケージに押し込む。メンデスはインサイドリップで容易にテイクダウンを許すと、サラフィアンはハーフから肩固めをセットアップしていく。

メンデスは明確な仕掛けにも関わらず対処できず、サラフィアンが足をしっかりと抜いて、腕をクラッチするとほどなくタップアウト。ホニー・ジェイソンに引き続き、TUFブラジル・シーズン1の人気者ダニエル・サラフィアンが140秒で一本勝ちを奪った。