篠田麻里子

写真拡大

 8日、日産スタジアムにて「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」開票イベントが行われ、5位に入ったAKB48の最年長メンバーの篠田麻里子が卒業を発表した。


 「卒業はやっぱり地元でしたいと思っていた」という篠田は7月20日、21日に行われる福岡ドームでの公演で卒業するとのこと。昨年の総選挙では「潰すつもりで来てください」と後輩たちにゲキを飛ばした篠田だったが、「潰されたとかそういう話ではなく、すごく勢いのある後輩を見てたらうれしくなったので、AKB48に悔いはありません」と笑い、「後輩たちのがんばりが背中を押してくれて、わたしも一歩を踏み出すことにしました」とコメント。「席を譲るのもわたしらしいかなと思って、今回の決断に至りました」と説明した。


 スピーチの途中には「麻里子コール」が会場から上がった篠田。最初期からAKB48を支えてきたメンバーの突然の卒業発表には、総監督を務める高橋みなみも「寂しいよ」と涙に暮れていた。(編集部・福田麗)