最後の総選挙で11位にランクインした板野友美

写真拡大

 8日、日産スタジアムにて「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」開票イベントが行われ、AKB48の板野友美が11位で選抜入りを果たした。すでにグループからの卒業を発表しており、今回が最後の総選挙になったが、自己最低順位となってしまった。


 「5回も総選挙をやって来ましたけど、総選挙は嫌いでした」とスピーチで切り出した板野だったが、「今日皆さんの票をいただいて、すごくファンの方が頑張ってくれたんだなという気持ちをいただいて、とてもあたたかい気持ちをいただきました」とコメント。最後には「誤解されることも多いですが、わたしはそんなに強い人間ではないです。なので、みなさんのこの投票の分だけ、自分の自信に変えて、夢をかなえていきたいと思います」と前を向いていた。


第1回:7位 第2回:4位 第3回:8位 第4回:8位


(編集部・福田麗)