SNH一本で行くことを宣言した宮澤佐江

写真拡大

 8日、日産スタジアムにて「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」開票イベントが行われ、AKB48とSNH48を兼任している宮澤佐江が10位で選抜メンバー入りを果たした。壇上で宮澤はSNH48に専任することを発表した。


 昨年SNH48に移籍しながらも、今年4月の日本武道館公演でAKB48と兼任することが発表された宮澤。就労ビザの関係で、まだSNH48のメンバーとしてステージに立てていないが、壇上では「カッコ悪い姿は見せたくないので、SNH48一本に力を入れていきたいと思います」と宣言した。(編集部・福田麗)