ジェラートピケのカフェ業態スタート 渋谷ヒカリエに1号店

写真拡大

 「gelato pique(ジェラート ピケ)」がプロデュースするカフェ業態が、今夏出店をスタートする。昨年9月に設立されたマッシュフードラボが運営し、6月27日にテイクアウト型ショップを渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)にオープン。フレンチクレープやクロワッサンサンド、スープ、スムージーといった厳選素材のフードやドリンクを提供する。

ジェラピケのカフェ業態が誕生の画像を拡大

 2008年にスタートした「gelato pique」は、「大人のデザート」をコンセプトに国内39店舗と海外8店舗を展開しているルームウェアのブランド。「gelato pique」のカフェは「コンフォートフード」をプラスコンセプトに、心身を心地よく満たす料理を提案。フランス産の小麦を使用したクロワッサンやグアテマラ産のコーヒー豆をベースとするオリジナルのブレンドコーヒー、旬の野菜や果物を贅沢に使用したスムージーなどを用意。卵や牛乳、バターを使用しない「ホール グレイン クレープ」も提供し、マクロビオティック(穀物や野菜中心)のライフスタイルを楽しむことができる。

 テイクアウト型の「gelato pique cafe creperie(ジェラート ピケ カフェ クレープリー)」は大人も楽しめるフレンチクレープを提供し、店舗面積は約26〜50平方メートル。1号店は渋谷ヒカリエ ShinQsの2階に出店し、現在はオープンを告知する仮囲いが登場している。今後はイートイン形式の「gelato pique cafe(ジェラート ピケ カフェ)」を広さ80〜150平方メートルで展開する計画。また、「gelato pique cafe」のフルラインメニューを揃える「gelato pique cafe restaurant(ジェラート ピケ カフェレストラン)」の1号店が、上海梅龍鎮伊勢丹に約330平方メートルのスケールで7月に出店予定だ。

■gelato pique cafe
 http://pique-cafe.com/