福田はバーディ締めで首位を捉えた(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨネックスレディス 2日目◇8日◇ヨネックスカントリークラブ(6,336ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨネックスレディス」は2日目の競技を終了。初日から混戦模様だったが、タミー・ダーディン(オーストラリア)、表純子、福田裕子、イエ・リーイン(中国)の4選手がトータル8アンダーで首位に並び最終日へ。2打差の単独5位には堀奈津佳がつけた。
LIVE写真館で「ヨネックスレディス」をチェックしてね!
 ツアー初優勝を狙う福田は「徹底してフェアウェイから打とうと、ピンに寄らなくてもグリーンに乗って2パットで耐えられれば」と慎重なゴルフで上位をキープ。明日は「チャンスがあれば勝ちたい気持ちはあります。でも、そんなに簡単には勝たせてくれないでしょうし、自分にできることをするだけですね」と謙虚に話した。
 首位スタートの表は前半で3つスコアを伸ばしたものの、後半は「ティショットが曲がってしまって」ノーバーディ。3人に追いつかれ、明日は最終組の1つ前でプレーすることに。「良かったと思います。ラス前ぐらいがちょうど良い」と前向きにとらえ、明日は最後までスコアを伸ばしツアー通算3勝目を目指す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
若林舞衣子は29位タイ、明日は「気持ちを切り替えて」
堀奈津佳、“大人”のプレーで2打差5位に浮上!
有村智恵7位タイと好発進、宮里藍は32位タイ、シェラ・チョイが単独首位に
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
各ツアーの賞金ランキング