(PIXTA=写真)

「上司が評価してくれない」「やりがいが見出せない」「気持ちが安らがない」……。2500年前の教えをもとに気鋭の僧侶が古くて新しい悩みに答える。

■成功のイメージにとらわれすぎていないか

●英語や資格の勉強を始めても、三日坊主になってしまう。
●おもしろいと思った仕事もすぐ飽きて意欲がなくなる。
●本や雑誌に感銘を受けても気持ちが持続せず、尻すぼみになる。

最初は意気込んでやろうとしたことが続かないのは、「早く成果が出てほしい」と欲するから、つまり欲望が強すぎるからだと思われます。

人は成果を求めて何かを始めるわけですが、語学や資格の勉強にしろ仕事にしろ、本に書かれたことを実践するにしろ、すぐに成果が得られるものではありません。まだ得られていないものを「早く早く」と欲するのは苦しいため、かえって嫌になってしまうのです。

これは近年人気の山登りの過程に似ているといえるでしょう。登っている最中は息が切れたり脚が痛んだり、つらくて音を上げそうにもなるものです。そんなとき、ああ早く山頂に着きたい、頂上はさぞすばらしいだろう、早く着いて楽になりたいなどと思えば思うほど、疲れて歩けなくなってしまいます。

こうしたメカニズムは、欲望と深いつながりを持つドーパミンにも関係があると考えられます。快感物質のドーパミンは欲望が満たされたとき、つまり望んでいた成果が得られたり、目標を達成したりしたときに、脳内で大量に放出されて快感を生じます。また、目標などを設定した時点でも分泌されて、少し気持ちよくなる。何かをやると決めたときの高揚感などがそれです。

しかし目標に向かっている途中に快感は得られず、「早くああなりたい、けれどもまだできていない。早く早く」と、欲望によって鞭打たれているような気分になります。そのためにつらくなって投げ出したくなってしまうのです。

また、ドーパミンが分泌されているときに考えたことは、記憶にこびりついて離れなくなります。目標を設定したときに、たとえば英語がペラペラになった自分や資格をとって活躍している自分などという「成功」のイメージを思い描きすぎると、それを頭の中で何度も反復してしまいます。

そうするとついそのことばかりを考えて、いまやるべきことに意識が向かなくなります。そのためにかえって前に進めない、つまりは挫折してしまうことになりがちです。これもまた、山登りの途中で山頂をイメージしすぎると歩けなくなってしまうことに似ています。

そして目標が達成できない場合には欲望に鞭打たれる苦しさから逃れるために、また達成できたらできたで次なる快感を求めて、新たな目標を設定するようになります。こうして欲望はどんどん別の場所に転移するのです。

ブッダの言葉によれば、それは「ノコギリで切り倒しても再び生えてくる木」のようなもの。欲望は無限の衝動です。ドーパミンを放出して快感を繰り返し得たいがために中毒化し、より強い刺激を求めて「到底できそうにないこと、手に入りそうにないもの」を欲するようにもなります。つまり自分が得意なこと、やれそうなことより、無理なことにチャレンジするのが楽しい、意義があると思ってしまうのです。

それゆえ成功者は、全く違うジャンルのことに手を出して失敗するケースが少なくありません。あるいはさまざまなことを成し遂げたあげく、なかなか思いどおりにはならない「人の心」を自在にしたいと欲するようになり、人間関係を破壊してしまうこともあります。

欲望をやすやすと転移させることのないよう、気をつけなければなりません。何をやっても長続きしないのは、快楽の麻薬を求める欲望に動かされているのではないかと考えてみましょう。そして目標を持ったのなら、「成功」のイメージにとらわれすぎることなく、山登りのように黙々と足を進めることが肝要です。

----------

ブッダの言葉

木をノコギリで切り倒しても、
その根っこが強力なら
再びニョキニョキ生えてくる。
それに似て、
君の心に巣食った欠乏感が
あまりに強力な
呪いであるがゆえ、
一時的に落ちついても
根は生きているから、
すぐにまたニョキニョキと伸び、
苦しくなり、「足りなく」なる。
欠乏感の癌は、
ひょいっと別のところへ転移する。

(法句経338)*『超訳 ブッダの言葉』047

----------

※記事中「ブッダの言葉」は、すべて小池龍之介編訳『超訳 ブッダの言葉』(ディスカヴァー刊)による。

----------

月読寺住職・正現寺住職 小池龍之介
1978年生まれ。東京大学教養学部卒。2003年、ウェブサイト「家出空間」を開設。現在は「正現寺」と「月読寺」(東京・世田谷)を往復しながら、自身の修行と一般向けに瞑想指導を続けている。『考えない練習』など著書多数。

----------

(月読寺住職・正現寺住職 小池龍之介 構成=岩原和子 撮影=向井 渉 写真=PIXTA)