<ヨネックスレディス 2日目◇8日◇ヨネックスカントリークラブ(6,336ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨネックスレディス」の2日目。初日34位タイと出遅れてしまったホステスプロの若林舞衣子はこの日はノーバーディ・1ボギーの73でラウンド。スコアを1つ落としトータル1オーバーとしたが29位タイと順位は上げた。
LIVE写真館で「ヨネックスレディス」を振り返る!
 この日は同門の森田理香子と同組でラウンド。大勢のギャラリーを引きつれ、ラウンド中もたびたび笑顔がこぼれたが、「ショットはすごく良かったのに、今日は1つも入らなかったです」とパットが決まらず、悔しい結果に。前半ではすべてのホールでパーオンに成功、もちろんチャンスもあったが「こんなに入らない日があるとは…」と唇を噛んだ。
 しかし、下を向いてはいられない。明日は自身の25歳の誕生日。ホールアウト後はケーキが用意されヨネックスの米山弘作 相談役や仲間のプロたちから祝福を受けた。試合は残り1日、「気持ちを切り替えて、明日は今日のぶんも入ると思ってやります。最終日にプレーできることを幸せに思って頑張ります」。地元、新潟での大会、ホステスプロとして大きなプレッシャーもあるが、それらを跳ね除けこの日の悔しさを最終日にぶつける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ホステスプロの若林は初日イーブンパー34位タイ「あと2日頑張りたい」
有村智恵7位タイと好発進、宮里藍は32位タイ、シェラ・チョイが単独首位に
最新のゴルフギア情報をまとめてチェック!
最新マッスルバック、どんな人に向いてる?
各ツアーの賞金ランキング