韓国元従軍慰安婦の口述集、米国で英語版を出版へ―中国メディア

写真拡大

韓国紙・中央日報は7日、今年2月に出版された韓国の元従軍慰安婦による口述集の英語版が米国でも出版されると報じた。中国新聞網が伝えた。
韓国政府所属の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者などに対する支援委員会」が6日、明らかにした。口述集は「聞こえますか?12人の少女の物語」。韓国の元従軍慰安婦12人と彼女たちを支援してきた人権活動家の声がまとめられている。
翻訳は米ニュージャージー州にある韓国系の「Media Joha」が担当。韓国人の大学教授、留学生ら6人が翻訳に参加する。今年11月までに翻訳作業を完了させ、約1万冊を米国全土で出版する予定。
同委員会は2004年に発足。その翌年から2年の歳月をかけて元慰安婦から真実の物語を聞き出した。今年2月に初の口述集として出版されている。
(編集翻訳 小豆沢紀子)