炎上状態になっている諫山創のオフィシャルブログ
 - 画像はスクリーンショット

写真拡大

 テレビアニメが現在放送されている漫画「進撃の巨人」の作者・諫山創のオフィシャルブログが炎上している。6日付の記事では諌山は別の漫画家の作品を紹介しているが、8日朝現在、同コメント欄ではブログの内容と関係のない誹謗(ひぼう)中傷が書き込まれている状態だ。


 6日付のブログ記事のコメント欄では当初、ファンからの応援メッセージが書き込まれていたが、あるユーザーがハングル文字でコメントしたのを機に雰囲気が一変。日本語と韓国語のコメントが入り混じるようになり、時に差別的なコメントも書き込まれるようになってしまった。


 作者の言動がきっかけではないにもかかわらず、中には日本語で「死ね」「殺す」といった作者に対する誹謗(ひぼう)中傷も含まれており、いわゆる炎上状態に。これを見かねたのか、良識あるユーザーからは「みんなで言い争ってますが先生の気持ち考えてください コメント欄で争うなんて諌山先生が不快になるだけでしょう」「政治的なコメントも、民族同士の罵り合いも、まったくもって場違いとしか言いようがない」といったコメントや、諌山側にコメント欄の閉鎖を勧める書き込みも寄せられているが、8日11時現在、コメント欄は閉鎖されていない。


 諌山は2009年に連載をスタートさせた「進撃の巨人」で大ブレイク。同作はテレビアニメ化されたほか、実写映画化も企画されている。ブログ「現在進行中の黒歴史」は2009年10月にスタートした。(編集部・福田麗)