ルイ・ヴィトン表参道店に黄金の恐竜出現

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の表参道店に6月7日、2体の小型恐竜ヴェロキラプトルの化石が出現した。ウィンドウのテーマは「NATURAL HISTORY」。世界の主要7店舗で展開されるスペシャルディスプレイで、国内では表参道店のみで見ることができる。

ルイ・ヴィトンのディスプレイに黄金の恐竜の画像を拡大

 自然史博物館からアイデアを得たという新しいウィンドウディスプレイの主役ヴェロキラプトルは、約8,300万〜約7,000万年前に生息していたという先史時代の恐竜。「LOUIS VUITTON」により精巧に作られたヴェロキラプトルの化石はアンティークゴールド一色で、2体のうち大型のヴェロキラプトルは、2013-14年秋冬シーズンの新作バッグを前足で持ち、マネキンの女性を新しい旅へと誘っているという。ヴェロキラプトルの化石のディスプレイは、海外ではパリのシャンゼリゼやロンドンのニューポンドストリート、アメリカのニューヨークなどでも展開される

 芸術家草間彌生のコラボコレクション「ルイ・ヴィトン ヤヨイ・クサマ コレクション」の発売時には、ルイ・ヴィトン表参道店のショーウィンドウに実物大の草間彌生をモチーフにした蝋人形が登場。表参道を通る人々から写真を撮られるなど、注目を集めた。