舞台に初挑戦する比嘉愛未

写真拡大

歌舞伎俳優・中村勘九郎の主演で2014年1月に上演される「真田十勇士」の全キャストが発表され、女優の比嘉愛未が舞台に初挑戦することがわかった。比嘉は、中村演じる主人公の猿飛佐助と松坂桃李が演じる霧隠才蔵の幼なじみで、忍びの娘・火垂(ほたる)を演じる。

日本テレビの開局60年特別舞台として上演される同作は、江戸時代から語り継がれ、これまでにも映画、ドラマ、舞台で幾度も取り上げられてきた名時代劇。忍びの里に育ち、真田幸村に仕える佐助は、諸国から10人の勇者=十勇士を集め、同じ忍び出身の才蔵と再会。ともに幸村のために戦うことを決意する。主君の幸村は大阪の陣で豊臣方につき、徳川方とまみえるが、やがて豊臣家滅亡により大阪の陣は終結。十勇士の運命も、時代の波に飲み込まれていく。

中村、松坂、比嘉のほか、十勇士の根津甚八役に福士誠治、同じく真田大助役に中村蒼、筧十蔵役に高橋光臣、由利鎌之助役に加藤和樹、海野六郎役に村井良大が決定。このほか駿河太郎、鈴木伸之、青木健と舞台経験豊富な実力派キャストが顔をそろえる。

さらに、徳川方の忍び集団の首領・久々津壮介役には音尾琢真(TEAM NACS)、十勇士の強敵となる忍び役に石垣佑磨、十勇士を束ねる真田幸村役にはベテランの加藤雅也、大阪城の主であり十勇士の運命を握る淀殿役には真矢みきがキャスティングされた。

脚本をマキノノゾミ、演出を堤幸彦が手がけ、豪華スタッフ・キャストで大阪の陣開戦から400年の節目となる14年に「真田十勇士」をよみがえらせる。1月7日〜2月2日に東京・青山劇場、2月7〜19日に大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。

■関連記事
松坂桃李、主演男優賞に「高揚している」 第22回日本映画批評家大賞授賞式
日テレZIP!で「マジンガーZIP」スタート
歌舞伎俳優63人の銀座練り歩きに3万2000人が歓声!
中村勘九郎、猿飛佐助役で「真田十勇士」主演!松坂桃李と初共演
中村勘九郎、亡き父・勘三郎さんの遺志継ぐ「赤坂大歌舞伎」に決意新た