ニューヨーク大学卒のマーティン・スコセッシ写真:ロイター/アフロ

写真拡大

ハリウッドで活躍する映画人の出身校ランキングを、ランキングサイトRanker.comが発表した。

freebaseやDBPedia、IMDBといったデータベースサイトに登場する映画人と、同サイトが以前まとめた「史上最高の映画トップ500」を相互参照して作成したものだという。映画業界に最も多くの人材を輩出したのは、ジョージ・ルーカスやロバート・ゼメキスの母校として知られる南カリフォルニア大学だが、史上最高の映画トップ500にかかわった映画人のみで数えると、マーティン・スコセッシ監督やスパイク・リー監督などを輩出したニューヨーク大学が1位になったという。

Rankerによる映画学校トップ25校は以下の通り。

1位:ニューヨーク大学
2位:南カリフォルニア大学
3位:カリフォルニア大学ロサンゼルス校
4位:イェール大学
5位:ジュリアード学院
6位:コロンビア大学
7位:ハーバード大学
8位:王立演劇学校
9位:Fiorello H. Laguardia High School of Music & Art
10位:アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ
11位:London Academy of Music and Dramatic Art
12位:スタンフォード大学
13位:HB Studio
14位:ノースウェスタン大学
15位:アクターズ・スタジオ
16位:ブラウン大学
17位:テキサス大学オースティン校
18位:Central School of Speech and Drama
19位:コーネル大学
20位:Guildhall School of Music and Drama
21位:カリフォルニア大学バークレー校
22位:カリフォルニア芸術大学
23位:ミシガン大学
24位:ビバリーヒルズ高校
25位:ボストン大学

■関連記事
米業界誌選出「世界の映画学校ベスト25」
リュック・ベッソン、パリ郊外に映画学校を設立
スコセッシ監督が、映画監督志望の若者に推薦する傑作39本
英誌が選ぶ「米インディペンデント映画ベスト50」
英誌が選ぶ「映画を題材にした映画ベスト50」