映画好きのためのお役立ちアプリが登場

写真拡大

映画のエンドクレジット後のおまけ映像の有無を調べることができるアプリが、新たにリリースされた。

AndroidとiOS用アプリ「Anything After」は、映画のタイトルを検索すると、基本情報とともに、本編後に何らかの映像があるかどうかを教えてくれる。さらに、その映像が見る価値があるかを、ユーザーが評価することも可能。基本的には、アメリカで現在公開中の映画と今後公開予定の映画に関する情報がメインとなる。

日本の映画館では、エンドクレジットが終わるまで見ている人がほとんどだが、海外では本編が終わってクレジットが流れ始めると席を立ってしまう人も多いため、この種のアプリが有用かもしれない。同様の機能を持つ「After Credits」という無料アプリもある。

■関連記事
アメリカで劇場内でのSMS送信がOKに!? 劇場主が提案
Google Playで映画、テレビ、雑誌購入が可能に
ハリウッドの大手エージェンシーが携帯向けアプリ事業に進出
DCコミックがデジタル配信を開始
米タイム誌が選ぶ「エンドクレジットが印象的な映画ベスト10」