”一気飲み”ならぬ”一気見”!どうせ観るならバカになれ!
 - (C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LAGENDARY PICTURES

写真拡大

 今月28日に完結編となる映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』が日本公開を迎える『ハングオーバー』シリーズ全3部作の一気見上映が21日、新宿ピカデリーにて1日限定で行われることが決定した。


 同シリーズは、前作の『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』がコメディー映画史上最高の興行成績を残すなど、全米のみならず世界的ヒットを記録した人気作。今回の一気見上映では、ゴールデン・グローブ賞を受賞した第1作から完結編となる第3作までを6時間ぶっ続けで上映する。


 旧作の再上映はもちろんのこと、28日公開の第3作を公開に先駆けて観ることができるのもファンにはうれしい今回の企画。さらに当日は、『ハングオーバー』ファンの豪華ゲストを招いてのトークショーも開催予定。なお、同企画は夜11時からの開催となっており、18歳未満の入場はNG。ビール片手の鑑賞もOKとなっており、まさに大人のお楽しみだ。


 シリーズ完結編となる映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』は、二日酔いを題材にした前2作からは一転、「自称専業息子」ことアランを更生施設に送り届けようとするおなじみの面々が巻き起こす騒動を描く。出演はブラッドリー・クーパー、ザック・ガリフィナーキス、エド・ヘルムズ、ジャスティン・バーサ、ケン・チョン、ジョン・グッドマンなど。(編集部・福田麗)


映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』は6月28日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかにて公開

一気見上映企画のチケットは6月9日に発売開始 詳細はオフィシャルサイト参照のこと