人類史上初めて月面に降り立ったバズ・オルドリンPhoto by Araya Diaz/WireImage

写真拡大

 [映画.com ニュース] アポロ11号の乗組員として、1969年にニール・アームストロングとともに人類史上初めて月面に降り立った元宇宙飛行士のバズ・オルドリンが、自作をもとにしたSFドラマシリーズをプロデュースすることが明らかになった。

米BuzzFeedが報じたもので、96年に発表されたオルドリンとジョン・バーンズ共著のSF小説「Encounter with Tiber(原題)」をドラマ化する。同作は、過去に地球外知的生命体が地球を訪れ、彼らの文化を記した百科事典を残していったことを知った歴史家が、異星人の故郷であるアルファ・ケンタウリに向かい、旅の最中に事典を解読しようとするというストーリー。

今回のドラマ化プロジェクトはまだ初期段階で、放送局もキャストも未定。しかしオルドリンは、「スター・ウォーズ」や「スター・トレック」よりもリアリティのある面白いドラマになると自信のほどを見せている。

ちなみにオルドリンは、ウィル・スミス主演のSF映画「アフター・アース」(6月21日公開)の米プレミアに出席した際、「スター・ウォーズ」と「スター・トレック」のどちらが好きかと問われて後者だと答えたという。

■関連記事
米アポロ計画の宇宙服に貢献した女性用下着デザイナーの物語が映画化
野口聡一氏&B・オルドリン氏、日米宇宙飛行士が「宇宙兄弟」出演
アポロ11号の乗員、本人役で「トランスフォーマー」完結編に出演!
ブライアン・シンガー「トワイライト・ゾーン」をリブート
SFドラマ「フリンジ」が映画化?