北海道・新千歳空港にビヤガーデン登場 -飛行機を眺めながらジンギスカン!

写真拡大

サッポロライオンは8日、北海道千歳市の新千歳空港に「ジンギスカンビヤガーデン麦羊亭(ばくようてい)」を期間限定でオープンする。

同店は、同空港ターミナルビル3階にある「北海道フードビヤレストラン 銀座ライオン新千歳空港フルール店」のテラス部分を利用したビヤガーデン。空港で開催されるビヤガーデンでは初めとなる、屋外バーベキューの「ジンギスカン」を楽しむことができる。

「ジンギスカン」は、2004年に北海道遺産に登録された北海道を代表する料理。”食べても脂肪がつきにくい”と言われるラム肉は、疲労回復、老化防止、ビタミン豊富などヘルシーな食材としても注目されているという。同店のラム肉は、厳選した子羊肉を使用し、特有の臭みがなく、柔らかくてジューシーとのこと。また、オリジナルの「醤油ダレ」「味噌ダレ」「塩ダレ」を揉み込み、3種類の味を楽しめる。

主なメニューとしては、90分間食べ放題のコース。生ラム、野菜・ライスが食べ放題の「生ラムジンギスカンコース」は、2,880円で、飲み放題がつくと3,880円。生ラム・醤油・塩・味噌、野菜・ライスが食べ放題の「手もみ4種ジンギスカンコース」は、2,980円で、飲み放題がつくと3,980円となる。

他には、北海道限定販売の樽生ビール、サッポロクラシック1杯と、生ラムジンギスカンをセットにした、「サッポロクラシックセット」が1,480円。石狩汁、じゃがバター、牛乳バターコーンなど北海道食とともにジンギスカンが味わえる御膳として、「生ラムジンギスカン御膳」が1,380円。「生ラムカルビジンギスカン御膳」が1,480円。「手もみ3種ジンギスカン御膳(醤油・塩・味噌)」が1,480円。各種ジンギスカンの単品メニューも用意している。

営業時間は、11時から20時まで。9月23日までの期間限定営業となる。