東京都・新宿区で「神楽坂まつり」開催 -ほおずき市や阿波踊り大会も

写真拡大

神楽坂通り商店会・神楽坂商店街振興組合・本多横丁商店会・神楽坂仲通り商店会は7月24日〜27日、「第42回 神楽坂まつり〜ゆかたでおいでよ神楽坂〜」を開催する。

同イベントは、”がんばろう!日本”、”ゆかたでおいでよ神楽坂”がテーマ。第一部「ほおずき市」(7月24日・25日 17時30分〜22時)と、第二部「阿波踊り大会」(26日 19時〜21時、27日 18時〜19時)で構成される。

第一部「ほおずき市」では、毘沙門天善國寺前にて、ほおずきを販売。門前屋台コーナーでは、近隣飲食店や専門店の出張販売を実施する。出店数は、約50〜60店舗。

また、商店会直営の「毘沙門天 子供縁日」コーナーを設営。金魚すくい・ヨーヨー釣り・スーパーボールすくいの3種で、開催は17時30分〜21時30分ごろを予定。ただし売り切れ次第終了となる。その他、毘沙門天ステージや、「ほうろく灸」「ゆかた着付けサービス」など、様々な催しが行われる。

第二部「阿波踊り大会」は、7月26日が「おとな踊り大会」として、”神楽坂坂下から坂上へ”と、”赤城神社前から坂下へ”が、同時にスタート。出場連は、1日約20連となる。27日は、「子供阿波踊り大会」で、地元の小学生や幼稚園・保育園児が、坂上方向に向かって踊りを披露。なお阿波踊りは、飛び入りや当日参加は不可となる。

期間中は、ステージ演奏・阿波踊り開催中に東日本大震災募金の呼び掛けを行うほか、ほおずきの売り上げの一部などを寄付する。また被災地関係業者への屋台出店スペースの無償提供も行う。加えて、神楽坂通り商店会の一部の店舗では、浴衣で買い物・飲食した人に特別サービスを実施する。

開催期間は、7月24日〜27日。会場は、東京都新宿区神楽坂1丁目〜神楽坂通り。その他、詳細は同イベントWebページで確認できる。